交通安全ファミリー作文コンクール 倉敷の小学生が最優秀賞

警察庁、(一財)全日本交通安全協会等が主催する「交通安全ファミリー作文コンクール」で、倉敷市立琴浦東小学校5年生の明石仁美さんが、最優秀賞の内閣総理大臣賞を受賞しました。

明石さんの「できることから始めよう」という題名の作文は、全国からの応募895点(小学生の部)の中から選ばれ、コンクールの中では最高の賞の受賞となりました。

これを祝して、1月31日、岡山県警察本部で檜垣重臣本部長が表彰状を手渡しました。

       (左から:檜垣本部長、明石仁美さん、琴浦東小学校長、松田交通部長)

このほか、下記の方も受賞されました。おめでとうございます。(中学生の部応募数 3,997点)

 [優秀作〕国務大臣・国家公安委員会委員長賞
   中学生の部 岡山市立竜操中学校2年 横林 紗羽 「私を変えたヘルメット」

 [佳作]警察庁交通局長賞
   小学生の部 倉敷市立葦高小学校5年 髙木 瑠莉 「登校班長になって」
         倉敷市立薗小学校 6年 河田 大樹 「お母さんの交通教室」

   中学生の部 県立倉敷天城中学校3年 三浦 碧斗 「”安全”を作る行動」

最優秀賞作品

カテゴリー: トピックス. permalink.